岩手県・宮城県で新築、リフォーム、自由設計注文住宅なら株式会社アズマハウジング


TOP > 建築工法

建築工法 アズマハウジングの工法の一部をご紹介!



住まいを外側から断熱する、外張り断熱工法を採用。

柱、梁をすっぽり高性能断熱材「ネオマフォーム」で包むため、断熱材の切れ目がなく連続し、安定した高い断熱性、機密性が実現しました。アズマハウジングの外断熱工法は、高気密・高断熱住宅に最も適した工法です。

断熱材に使われているネオマフォームとは?
POINT01 省エネルギー性能が高い
最高レベルの断熱性能 熱伝導率、λ=0.020(W/m・K)。最も薄く使える断熱材として、建築の高断熱化を解決します。 (平成15年度板改訂公庫仕様書断熱区分として最高ランク"Fランク"に該当)


POINT02 長期間性能を維持
経時変化の少ない断熱性能(長期性能維持)。劣化の少ない断熱性能は、長期にわたる住環境の性能維持とライフサイクルコストの低減につながります。


POINT03 耐熱燃焼性が高い
燃焼時の発生ガスも少なく、炎をあてても炭化するだけです。安全な住宅が求められる今日にあって、火災に対しより安心してご使用いただける断熱材です。



厚さ50mmの外壁材ALCヘーベルライト
ヘーベルライトは不燃材断の一般指定の他、防・耐火構造についても国土交通省より各種の通則、個別認定を受けております。防・耐火構造に優れたヘーベルライトの建築物は木造であっても、火災保険上、鉄骨モルタル塗り建物と同様の評価を受け、一般の木造建築物より保険料が少なく済みます。



下表の算出条件 : 一般の火災保険(住宅総合保険)使用 保険金額2,000万円、保険期間30年 岩手県でのケースで算出



地震に強い骨組み「ゴールドメタル工法」
金物が進化さらに住宅の性能を引き上げます!
伝統的な「木組み」と比較すると梁の「切り込み」「断面欠損」が少なく、より強度がでます。また梁のたわみ(クレープ現象)が少なく、座堀加工のため、ずり下がり、回転がおきにくく接合箇所の緩みが非常に少ないです。明確な金物強度、構造計算が容易。接合金物から構造金物へ均一な品質保証します。
また、1枚スリット形状のため、燃えしろ部分が大きくなり、火災に強く燃えにくい構造になっております


住宅にも性能基準があるのをご存知ですか?
住宅性能表示制度とは?
これまでハウスメーカーや工務店が、独自の基準でバラバラに表示していた住宅の性能(耐震性、遮音性、省エネルギー性など)を、国が定める共通のルールに基づき、第三者機関が客観的に評価するという制度です。これにより仕様や構造の異なる住宅でも簡単に性能を比較することができるようになります。


住宅性能表示制度のポイント




住宅性能表示制度(国が定める共通のルール)5つの項目が最高等級の住まいです。



設備仕様は安心のパナソニックPanasonicブランド。

システムキッチン



システムバス



洗面/トイレ


アフターサービスも万全です



アズマハウジング
岩手県一関市中里字南白幡68-1   TEL.0120-20-3780